報道

履修申告時期が大幅変更 春、秋学期の2回に 学習効果の向上期待

2021年度より、全学部で履修申告が春学期、秋学期の2回に分かれると慶大学生部は発表した。一部の学部、研究科を除き、2020年度までは春学期に当該年度に履修する全ての科目の申請をする必要があったが、2021年度から春学期の履修科目は4月、秋学期の履修科目は9月に申告するよう変更となる。

今回の履修申告時期の変更には、学習効果の向上が背景としてある。これまで学生は、途中で学びの興味が変わったとしても通年で履修を申告している関係上、大幅に履修を変えるということが不可能であった。

履修申告が春学期、秋学期と分かれたことにより、学生は自身の学習計画の変更に対応できるようになるのが大きな変更点となる。春学期に履修した内容を踏まえて、秋学期に新たに学びたい分野を選択することが可能になるため、学習効果の向上が期待される。

全国的に履修申告は春学期、秋学期の2回に分かれている大学が多く、慶大でも履修申告時期の変更を要望する声は少なくなかった。

関連記事

  1. 《連載》違法サービスはなぜ生まれたか ルポ・内定辞退予測
  2. GPA制度導入される 成績評価5段階に
  3. 消費税増額 税負担の均一化に課題
  4. イベント情報
  5. 慶大の山本、横尾がドラ指名 会見一問一答
  6. ミスター慶應コンテスト ファイナリストが5人に
  7. 慶大と東京歯科大、合併に向け協議を開始
  8. 産学連携きっかけに
PAGE TOP