報道

七夕祭が開催

コンセプト「つながる星々」
今月6日、SFCで第24回七夕祭が行われた。今回、コンセプトを「つながる星々」として学生だけでなく、地域の人が参加。大勢の人が一つの場に集まり「つながる」ことを目的としている。当日は天気にも恵まれ、模擬店やイベントを楽しむ来場者の姿が見られた。

七夕祭はたくさんの来場者でにぎわった

七夕祭は参加者の多くが浴衣や甚平を着るのが特徴だ。それを受けて、男性も対象の浴衣着付けサービスが無料で行われた。専門家に着付けをしてもらえ、女性を中心に人気を集めた。
本部考案のかざぐるま企画では、手軽にかざぐるまを作ることができ、家族連れの参加者や子どもも楽しめる企画となっていた。他には盆踊りや縁日など、各ブースで老若男女問わず多くの人を集めた。
ステージでは、広告学研究会によるミスコンのお披露目が行われた。候補者の浴衣姿は七夕祭でしか見られず、熱い日差しの中、観客をさらに沸き立てた。自己紹介や七夕川柳を詠む企画などが行われ、候補者たちはそれぞれ意気込みを見せた。
昨年は悪天候により繰り上げられた花火も、今年は定刻通り打ち上げられ、夏の夜空を彩った。

関連記事

  1. 義塾、収支予算を発表 昨年に引き続き支出超過
  2. 候補者・若林卓実さんインタビュー 卒業後のつながりを強化
  3. 評議員改選 義塾最高議決機関の顔ぶれ変わる
  4. 《新型肺炎》 現時点で塾生・教職員への感染は確認されず 引き続き…
  5. 文学部 印東太郎賞を制定
  6. 生体肝移植に成功 慶應義塾大学病院 複雑心奇形は世界初
  7. 慶大薬学部~フィラデルフィア科学大と交流
  8. 福澤先生ウェーランド経済書講述記念講演会 杉山伸也名誉教授が講演…
PAGE TOP