評論読書のすゝめ

  1. 《読書のすゝめ》SHOE DOG 靴にすべてを。 フィル・ナイト著

    ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットなどトップ経営者が絶賛する本がある。「SHOE DOG」だ。NIKEの共同創業者フィル・ナイトが創業から上場までの自身の半生を書いた自伝である。一言で言えば、ダイナミックで波瀾万丈な人生だ。それでいてスト…

  2. 《読書のすゝめ》ファッションで社会学する 藤田結子、成実弘至 、辻泉

    「ファッション」という言葉は元々「流行」を意味する。20世紀初頭、社会学者ジンメルは「流行」という題…

  3. 《読書のすゝめ》海猫宿舎 長野まゆみ

    「妙」ということばがある。「造化の妙」なんて具合に、「とても良い」という意味で使われる。今回紹介する…

  4. 《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》ドラコニア綺譚集 澁澤龍彦

    本書はフランス文学者・文筆家の澁澤龍彦が50代半ばに著した物語風のエッセー集である。「綺譚」とは永井…

  5. 《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》映画はネコである はじめてのシネマ・スタディーズ 宮尾大輔

    みなさんは『ティファニーで朝食を』という映画をご存じだろうか。トルーマン・カポーティによる小説が原作…

  6. 《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》章太郎のファンタジーワールド ジュン 石森章太郎

  7. 《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》ウエハースの椅子 江國香織

  8. 《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》2666 ロベルト・ボラーニョ

  9. 《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》ノーザンライツ 星野道夫

PAGE TOP