報道

インターネットの父に名誉博士号  ネット環境整備の功績たたえる

授与式で握手を交わす清家塾長とサーフ氏

「インターネットの父」ヴィントン・サーフ氏への名誉博士号の授与が今月13日、三田演説館で行われた。現代情報社会の基盤であるインターネットを支える技術の創出や普及に尽力した功績を顕彰した。

 

同氏は1960年後半からカリフォルニア大学ロサンゼルス校で研究、開発した通信プロトコル体系をスタンフォード大学で完成させ、現在のインターネット環境の原初を生み出した。

日本インターネット界の権威である村井純環境情報学部長とはインターネット初期から協働しており、慶大の研究者や学生らと交流してきた。

「Re-Inventing the Internet」と題した記念講演を同日、北館ホールで行い、「インターネットはまだ完成していない」と述べ、今後の展望をこれまでと比較しながら解説した。

関連記事

  1. 《ミス慶應コンテスト》主催団体が並立状態
  2. 学費 わずかに値上げ
  3. 体育会と地域住民一体に~下田 桜フェスタ開催
  4. 震災学術シンポ開催 五百旗頭氏らが復興計画語る
  5. 子宮筋幹細胞の解析に成功~医学部生理学教室
  6. SFC 藤沢市と協定締結 地域との連携体制を確立
  7. 七夕祭開催 テーマは「彩」
  8. 水道水洗眼の危険性 ~慶大教授らが研究・発表







PAGE TOP