CAMPUS IDOL

【CAMPUS IDOL 】総合政策学部3年 浦山恵さん

 久々の快晴で、SFCに映える若葉。そんな中、笑顔で取材に応じてくれたのは総合政策学部3年の浦山恵さん。

「人を美しくすることが好きなんです」。澄んだ声で話す彼女は、学生と「シナリー化粧品」のサロンの営業所長という二足のわらじをはいている。環境問題に関心を示し、「化粧品や日用品を切り口に、より多くの人に環境意識を芽生えさせたい」と語る。

浦山さんは毎朝、自宅も兼ねているサロンで仕事をしてから、学校に向かう。授業が終わったら、すぐに仕事の顔になる。目が回る程忙しい毎日を送っているようだ。「でも自分のやりたいことだから、毎日が楽しくてしょうがない」と、彼女は嬉しそうな笑顔で話してくれた。

これからも、浦山さんは環境と女の子を綺麗にするため働き続ける。そんな彼女を応援していきたい。

(兼若ちるどれん)

関連記事

  1. 表記法から見る日本語の魅力とは
  2. 喊声 9月号
  3. 都市に住む微生物を分析する塾生 伊藤光平さん(環4)
  4. 家庭教師 変わらぬニーズ
  5. 走れ塾生!冬のマラソン特集 給水ならぬ給スイカも? 若者に人気「…
  6. 定年退職者インタビュー 経済学部 池尾和人 教授
  7. 【特別企画】「黒黄の系譜」~浜本将人・蹴球部副将(後編)
  8. 慶大が6連覇 “法律”で討論 末川杯とは
PAGE TOP