【広告】『キャリタス就活』利用のすすめ

三田祭も終わり、3年生はいよいよ就職活動に専念する時期だ。株式会社ディスコが運営する「キャリタス就活」の社員の方々に就活サイトの利用方法や就活セミナーについて話を聞いた。

インターンの応募や仕事研究をする上で「キャリタス就活」を利用するメリットは主に3つある。一つ目は、掲載企業の質の高さだ。他サイトのように掲載社数にこだわるのではなく、学生に勧められる、業界ごとに設定された厳しい基準を通った企業のみが扱われている。

二つ目は、求人票システムとの連動だ。本サイトでは自分の大学に求人票を送った企業のみを選択する機能があり、効率的に企業を絞り込むことができる。

三つ目の特徴として、企業研究のための様々なコンテンツの充実が挙げられる。金融業界志望の多い慶大生に特に注目してほしいのが「キャリタスFINANCE」だ。フィンテック、アメリカ大統領選が株価・為替市場に及ぼす影響、中国経済など最新の記事がまとめられている。また「日経の注目ニュース&リサーチ」では日経新聞のニュースなども読むことができ、幅広い知識を得るとともに大きなトレンドをつかむことができる。

そのほかのサービスにも様々な工夫がされている。例えば「キャリタス模試」では、SPIや一般常識の模擬テストなど、ウェブテストの対策ができ、毎月10~20日の間に受検すれば全国ランキングも分かる。また、自己分析ツールとしては、1‌0‌0問以上もの質問に答えて診断する本格的な自分研究・適職診断も、遊び感覚でできる「キャリタスクエスト」も無料で利用することができる。面接やエントリーシートの就職活動のノウハウもまとめられていて事前準備は万端だ。

本サイト主催のイベントも多い。12月8日にはエントリーシート対策講座が行われる。12月10日にはインターンシップ合同説明会が催され、出版3社のパネルディスカッションも予定されている。2月12日の業界研究や3月3日・17日の金融業界に特化した就活イベントは塾生要注目だ。

就職活動解禁となる3月までに最低限の準備として、しておきたいことが、「就職したい企業を探すこと」だ。そのための手助けとなるツールが「キャリタス就活」である。