企画

長谷川 龍之介さん(アメリカ)

―大学では何を勉強していますか

まだ1年生の1学期なので専門的なことはやっていませんが、専攻としては生化学(Chemical Biology)にするか、バイオエンジニアリング(Bioengineering)にするつもりです。今学期は化学、数学、英語、宇宙学の授業を取っています。

―大学の授業以外にどんなことをしていますか

学校が始まったばかりなのでまだたいしたことはやっていませんが、クラブ活動は「Habitat for Humanity」という国際NGOや、 スポーツ(バドミントン、フリスビー)などをやるつもりです。来学期からは時間があればアルバイトをしようと思っています。ほかには時間があるときにピアノの練習や作曲をしています。

―私たち大学生や若者が、あなたの国で、あるいは世界で、いちばん取り組まなければならない問題は何だと思いますか

伝統的な文化と最先端の技術・テクノロジーのバランスをとること。

―日本の印象はどうですか

95点。嫌なことはいくつかありますが、全体的に見てすごくいい国です。

―アメリカの大学生は大統領選挙に関心を持っていますか

かなり持っています(僕は持っていませんが)。特にバークレーは全米で政治的、社会的に最も進歩的(リベラル)な都市として知られています。そのためトランプ氏に対する反発がかなり強く、バークレーの市民や学生は政治的関心をかなり持っています。


【特集】世界の大学生に聞く

関連記事

  1. 【人物列伝】ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記氏
  2. 【走り続ける塾生】Orchestra MOTIF代表 法学部2年…
  3. 実践、スロービューティ~外見が全てではない自分らしくキレイに
  4. 「ヤバイ」「マジ」はどこから? 言葉の発祥を探る
  5. 【企業のチカラ】第1回 日置電機株式会社 地方から世界をフィール…
  6. 秋の読書週間特集
  7. 【塾員インタビュー】 宇宙飛行士 星出彰彦氏 勉強だけではなく仲…
  8. カフェ読書の魅力 電子書籍から古本まで







PAGE TOP