Leftery Aslanidisさん(ロシア)

―大学では何を勉強していますか

大学では国際経済関係を専攻しています。

―大学の授業以外にどんなことをしていますか

大学ではビジネスクラブとギリシャクラブに入っています。空き時間には両親の会社で働いています。

―大学を卒業した後にやってみたいこと、なりたい就業はありますか

私はすでに経営学の学位を持っていて、将来は事業家になって自動車販売をしている父の事業を継ぎたいと思っています。だから、さらに経済の分野も勉強しようと決めました。

―今の生活や、未来の生活で不安なことはありますか

個人として、職業としての自分の成長はいつも気にかけています。より良く、強く、知識と経験を積んでみたいと毎日考えています。大学はその機会を与えてくれる場だと思います。

―あなたの国で若者は期待されていると思いますか

未来は若者たちの手にかかっていると信じています。現代社会も私たちに強い期待を寄せています。それも当然のことで、私たちは学び、先人たちの知恵と経験を得て、過去の例に基づき過ちを避け、世界の諸問題に答えを見つけることが出来ます。若い世代には時間があり、現代社会を生き抜く必要なすべての力を持っています。

―私たち大学生や若者が、あなたの国で、あるいは世界で、いちばん取り組まなければならない問題は何だと思いますか

世界には本当に数多くの問題があり、優先順位を付けるのは難しいです。もしみんながある問題に一歩ずつ、協力して取り組んだなら、世界を変えられると信じています。ですが、いくつか私にとって非常に重要な問題をいくつかあげます。テロ、社会的および経済的不平等、地球温暖化と自然保護です。

―日本の印象はどうですか

ええ、私は日本が大好きです!日本出身の友人や仕事仲間もいっぱいいます。そのおかげで、幸運にも日本の人々や素晴らしい文化に触れることができています。残念ながら日本に行ったことはありませんが、時間の問題でしょう。近い将来に行ってみたいです。私の父は日本にいたことがありますが、彼は日本で貴重な体験をし、日本の人々と伝統に良い意味で衝撃を受けたといいます。


【特集】世界の大学生に聞く