WEB限定記事

【三田祭速報】ほっと一息 懐かしの空間を提供

子ども心くすぐる駄菓子

冷たい雨の中、中庭のステージ前に温かい空間を発見した。児童文化研究会が運営する「駄菓子屋さん」だ。
店舗の入り口では、スタッフが笑顔でシャボン玉を吹いてお客を呼びよせている。中を覗いてみると、懐かしの駄菓子が所狭しと並べられていた。他の模擬店と違うのはその客層だ。学生の他に、幼児を連れた家族の姿が見受けられる。子どもがお菓子を選ぶ姿には、とても和やかな雰囲気が感じられた。
「よくある駄菓子だけではつまらない。今年はオリジナルのチロルチョコを作ってみました」と語るのは代表の高村俊さん(理3)。なんとこのチロルチョコ、食べ終わった後は組み立ててマグネットになるそうだ。
選んで楽しむ、食べて楽しむ、見て楽しむ…。学生の若さにちょっと疲れた方、童心にかえって一息つきたい方は、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。
(武智絢子)

関連記事

  1. 《MITASAI REPORT-2020》メインステージ最初を彩…
  2. 【六大学野球】早大第3戦 早大を完封、5季ぶり勝ち点獲得
  3. 【三田祭速報】胸キュン必至 イケメンたちによる「壁ドン」 慶應が…
  4. 本紙記者が選んだ三田祭注目イベントその1~一息つきたいなら三田祭…
  5. 《ミス慶應2020ファイナリストインタビュー》
  6. 【Web連載 塾新読書倶楽部】第2回「本と別れること」
  7. [東京六大学野球レポート]立大戦・敗れた中で見えた光
  8. 《甲子園という魔物》(第5回)目前で手放した優勝旗 日本一へのこ…







PAGE TOP