企画

  1. 《MITASAI REPORT-2020》メンバーみんなの大好きな曲をみなさんに「さよならモラトリアム」

    オンライン上でありつつも、黄色い歓声を浴びながら登場したのは、現役慶大生12人で繰り広げるアイドルコピーダンスサークル「さよならモラトリアム」だ。1曲目はアンジュルムの「泣けないぜ…共感詐欺」、2曲目は日向坂の「アザトカワイイ」、3…

  2. 《MITASAI REPORT-2020》全国出場の魅力を遺憾なく発揮 競技チアリーディングチームUNICORNS&UNICORNS Songleaders

    「元気・勇気・笑顔」をモットーに三田祭でパフォーマンスを披露した競技チアリーディングチームUNICO…

  3. 《MITASAI REPORT-2020》NAVI 三田祭初日のステージの最後を締めくくる

    三田祭初日、メインステージの最後を締めくくるのは、K-POP完コピカバーダンスサークルNAVIだ。今…

  4. 《MITASAI REPORT-2020》4組のバンドが個性的なステージを披露

    総合音楽研究会が、オンライン三田祭のメインステージでバンドのステージを披露した。4組のバンドが、午後…

  5. 《MITASAI REPORT-2020》 groove 秋を彩る華やかさとアットホーム感あふれるステージ

    初日のお昼のステージを彩ったのは軽音サークルgroove。2010年に設立された軽音グループだ。AS…

  6. 《MITASAI REPORT-2020》白熱ダンス&ラップバトル―百花繚乱

  7. 《MITASAI REPORT-2020》I-wing オンラインならではの機敏な手先の動きを披露

  8. 《MITASAI REPORT-2020》オフィシャルソングで飾られながら、オンライン三田祭開幕

  9. 後夜祭2020 想いを、繋ぐ

  10. 三田祭オンライン開催 実行委員長が語る

PAGE TOP