記者が見つめた慶應

  1. 《記者が見つめた慶應》東日本大震災 塾生新聞は何を伝えたか

    2000年代後半の慶應―iPhoneの発売などスマホ革命が当時起きていました。学生はスマホを持っていましたか当時は全員が持っているわけでなく、新しい物好きの人が持っていたという印象があります。SFCの生徒はよく使っていましたね。…

  2. 《記者が見つめた慶應》第三の革命「インターネット」 就職氷河期に突入

    ―就職氷河期を経験して実際どうでしたか厳しい時代だったと思います。大手都市銀行がつぶれたニュ…

  3. 《記者が見つめた慶應》湘南藤沢キャンパス開校 学生が一から創り上げる

    ―SFCの他の大学との違いはどこですか一番大きな違いは、パソコンの使用に関してだと思います。…

  4. 《記者が見つめた慶應》バブル景気と慶應 広研、スキー、キャリアウーマン

    ―バブルの時の慶應の様子はまず広告学研究会を思い出しますね。広告業界が新しいクリエイティブを…

  5. 《記者が見つめた慶應》80年代の慶應 女性の社会進出進まず

    ―当時の大学生の生活は当時は景気が良かったので、頻繁に旅行に行ったり、コンパをしたりしました…

  6. 《記者が見つめた慶應》学生運動に揺れた60年代末 キャンパスがバリケードで閉鎖

PAGE TOP