ポスト平成のジャーナリズム

  1. 《特集》塾生新聞創刊50周年記念 ポスト平成のジャーナリズム

    新聞社やテレビ局は今、インターネットを活用し新たな取材方法や発行媒体を確立しようとしている。一方、情報の受け手は高度情報社会においてニュースの真偽を見極めることが求められている。ポスト平成のジャーナリズムのあり方について取材した。(監修=山…

  2. 《ポスト平成のジャーナリズム》「バズる」よりもブランド向上目指す 朝日新聞の戦略

    朝日新聞社東京本社の編集局。フロアの中央には編集長が座り、その上には大きなモニターにグラフや数字が映…

  3. 《ポスト平成のジャーナリズム》SNSをニュース生産に活かす NHKの挑戦

    メディアの構造が変化をしている現在、NHKはSoLT(Social Listening Team)と…

  4. 《ポスト平成のジャーナリズム》ジャーナリズムに求められる「ファクトチェック」とは

    「ローマ法王がトランプ氏支持を表明した」。これは2016年の米大統領選で流れたフェイクニュースの一つ…

  5. 《ポスト平成のジャーナリズム》「議論とは炎上」 過度にネットを怖がらない

    SNSの普及で度々問題に挙がるのは、流れる情報の量は以前よりはるかに増加した一方で、ユーザーが接触す…

  6. 《特集》塾生新聞創刊50周年記念 記者が見つめた慶應

  7. 《記者が見つめた慶應》池上彰さんが語る メディア50年史

PAGE TOP