《特集》塾生新聞創刊50周年記念 ポスト平成のジャーナリズム

ポスト平成のジャーナリズム

新聞社やテレビ局は今、インターネットを活用し新たな取材方法や発行媒体を確立しようとしている。一方、情報の受け手は高度情報社会においてニュースの真偽を見極めることが求められている。ポスト平成のジャーナリズムのあり方について取材した。(監修=山本啓太、杉浦満ちる)

現場の声

《ポスト平成のジャーナリズム》「バズる」よりもブランド向上目指す 朝日新聞の戦略

《ポスト平成のジャーナリズム》SNSをニュース生産に活かす NHKの挑戦

専門家の眼

《ポスト平成のジャーナリズム》「議論とは炎上」 過度にネットを怖がらない

《ポスト平成のジャーナリズム》ジャーナリズムに求められる「ファクトチェック」とは