筋トレで、いざコロナ撃退! 慶應筋肉図鑑代表 尾熊太郎さんインタビュー

本人提供

新型コロナウイルス感染拡大により、ますます増えている「おうち時間」。運動不足解消のために、筋トレを始める人も多いのではないだろうか。そこで今回は、筋肉のスペシャリストである慶應筋肉図鑑代表の尾熊太郎さん(商3)に筋トレをテーマに話を聞いた。(聞き手:海老塚宣宏・小島毬・楊美裕華)

 

筋トレを続けていて、何か内面の変化はありましたか?

内面での変化は二つあります。まず一つ目は、自信がついたことです。それは「他の人よりもパワーが強い」といった小さな優越感などではなく、「毎日コツコツ努力することで不可能だと思っていたことも実現することができる」という自信です。今まで上がらなかった重量が上がったといった小さな成功体験の積み重ねが、そのような自信につながりました。

二つ目は、「あえて休む」ということができるようになったことです。筋トレを始めてすぐはどんなことをしても基本的には成長しますが、やっていくうちに行き詰まることがあります。そのような時は闇雲にトレーニングするのではなく、休息をとり、食事や生活習慣をもう一度見直すと良いです。
これは筋トレに限った話ではありません。例えば、ある目標を目指すも途中で行き詰まったとき、いったん休息を取りましょう。別の視点から問題に取り組むことで、今までよりもより良い結果が出せると思います。

もちろん忙しくて筋トレが後回しになることや、単純にやる気が出ない時もあります。そういうとき、無理に続けてけがや筋トレそのものを嫌いになるくらいなら、休息日にしてしまいましょう。少しずるいように聞こえますが、何事も長く続けることが大切なのです。

隙間時間に出来る効果的なメニューはありますか?

慶應筋肉図鑑のツイッターとインスタグラムで歴代の出演モデル達が「家トレ図鑑」という形で、家で出来る筋トレを伝授するという企画を動画で出しているので、ぜひ見てみてください。道具がなくてもできるものが多いので、挑戦して運動不足を解消していきましょう!

ボディメイクをするにあたって、正しい食事法はありますか?

一概にボディメイクと言っても、競技としてのボディメイクや、健康や美容のために少し身体を引き締めたいなど多くの意味を含んでいますが、ひとつ言えるのは、バランスよくご飯を食べることが必要だということです。
流行りのダイエット法のみを信じてマネをするのではなく、まずはバランスよくご飯を食べ、軽い運動をする習慣を作っていきましょう。それが長い目で見たときに、健康で美しい身体につながっていきます。