報道

矢上キャンパス 工事でアスベスト飛散の可能性

慶大矢上キャンパス教育研究棟で、昨年11月9日、28日に行われた改修工事において、アスベストが飛散していた可能性が浮上した。

過去の調査履歴から、当建物にはアスベストは含まれていないと認識されていた。そのため施工の際に法律で定められた事前調査が行われず、飛散防止の措置も十分に取られなかった。慶大は、厳重な対策をもって臨んだが、飛散の可能性も否定できないとしている。また、他の建物についても見落としがないか調査する予定である。

関連記事

  1. 新司法試験 考査委員の慶大教授~守秘義務違反で解任
  2. 人類誕生 ニュートリノのおかげ
  3. 塾生代表選挙不成立に 基準の投票率下回る
  4. 慶應メール 新システムに変更
  5. 【平成25年度卒業式】6427人が旅立つ 卒業25年の塾員も集結…
  6. 河野教授、AAPBS会長に「挑戦的な活動を目指す」
  7. 宇宙と地上のインフラを統合 3校提携で事業開始
  8. トップ銀行マンになるために~コマーツ銀行日本支社長講演
PAGE TOP