全塾選挙不成立、再選挙へ

今年12月に行われた全塾協議会事務局長・次長選挙の投票率が9.3%となり選挙が無効となった。全塾協議会規約では有効投票率である10%を下回った場合選挙が無効になると記されている。今後は再選挙を行い改めて選挙成立を目指すが、再び不成立となると全塾協議会が解散となるおそれもある。

全塾協議会は塾生一人一人から預かった自治会費の分配などを通し、慶大学生自治活動の基本的方針を決定している機関。

全塾協議会が解散すると自治会費の分配が不可能となり、学生生活を送るうえで以下のような大きな問題が生じる可能性がある。

・全塾協議会の予算執行停止
・三田祭、四谷祭、矢上祭の廃止
・オリエンテーション期間の廃止
・日吉塾生会館の閉鎖
・三田学生団体ルームの閉鎖
・日吉学生団体スペースの閉鎖
・日吉集会室の使用停止

再選挙は以下の時間、場所で検討されている。
【投票時間】
1月12日(火)~15日(金)
各日10:30~16:45
【投票場所】
前回に同じ
三田:大学院校舎前
矢上:創想館一階ラ・ポワール前
SFC:α館前
日吉:塾生会館前

選挙管理委員会のホームページは
http://www.keio-zenkyo.com/election09/

関連記事~全塾協議会 局長次長選挙始まる~

全塾協議会 局長次長選挙始まる 5年ぶりに3組立候補



PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは