【就職活動特集・上】三菱地所株式会社

今年度も12月1日から経団連所属の企業による情報公開が解禁され、2015年度卒の就職活動が本格化した。「短期決戦」の見込みとなる就職活動において、これから各業界や企業などの情報をどれだけ多く手に入れられるかは大きな鍵となる。

弊紙では各業界の人事担当者のお話を12月号、1月号で掲載する。弊紙読者の就職活動の助けに少しでもなればと思う。  (就職活動取材班)

***

真摯に取り組むまちづくり

―業界の特徴
総合ディベロッパーは、オフィスから住宅・商業施設まで幅広い分野でまちづくりに携わっています。扱うモノは大きく、社会に与える影響も決して小さくはありません。事業規模は数十億~数百億円になることもあり、建物一つが街全体の雰囲気を変えてしまう場合もあります。

また、「モノが形に残る」という点は大きなやりがいを感じられる、この業界ならではの特徴だと思います。自分が担当したプロジェクトが完成した時の感動は言葉では言い表せません。

―企業の特徴
「長期的、大規模、複合的なまちづくり」は当社グループの特徴といえるでしょう。特に丸の内地区は明治期以降120年以上にわたり、開発し育ててきました。また、英米を中心に海外での事業も積極的に展開しており、現地でも高い評価を得ています。近年ではアジア圏での事業も増えてきました。

グループ内に日本でも有数の設計会社である「三菱地所設計」を有し、設計面でもノウハウを蓄積しています。開発・設計・販売等、まちづくりに関するノウハウをグループ内で共有できることは当社の強みです。

―社風
社員数がそれほど多くないこともあり、皆の顔が見える、アットホームで温かい雰囲気です。各個人がチームとして何ができるのか考え、お互いを尊重しながら仕事をしています。

―業務内容
建物の用途としてオフィスビル・商業施設・住宅などさまざまありますが、それぞれ①開発②賃貸・販売等の営業③運営・管理の3つのフェーズに大きく分けることができます。ほかにも不動産投資や仲介業務等もあり業務内容は多岐にわたります。

例えば、開発業務は、用地の取得から始め、設計、竣工まで事業主体として多くの人を巻き込みながら進めていく仕事です。プロジェクトの進捗やコストを確認して全体を管理します。

当社社員は、異動や出向を通じてさまざまな部署のさまざまな業務を経験することになります。

―求める人材
決まった人材像はありません。多様な人が集まってこそ、良いまちづくりができると考えています。

ただし、長期的な視野でのまちづくりに真摯に向き合い、チームでモノを作ることに価値を見いだすことができる気概を備えていてほしいです。

―採用について
12月以降、業務体感セミナーや会社説明会を実施します。選考については4月1日以降に実施する予定です。詳しくは当社WEBページをご確認ください。

―就活生へのアドバイス
自分自身と正直に向き合い、自分がどんな人であるか、何をやりたいのか考えてください。他人の言葉や評価をうのみにせず、自身で考え、自分の言葉で伝えることが大事です。後悔しないように、やりがいを持てる仕事を見つけてください。

聞き手=加藤克幸


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは