報道

節電しつつ七夕祭開催

盆踊りを楽しむ浴衣姿の来場者

盆踊りを楽しむ浴衣姿の来場者

今月2日、SFCで第22回七夕祭が開催され、多くの塾生や地域住民で盛り上がった。

今回のコンセプトは「夏の玉手箱」。キャンパス内は浴衣の来場者が多数見られ、盆踊り、神輿などのイベントもあり、終了前には花火も打ち上がった。

当日は震災の影響を受け、音響設備の利用を一部控えるなど多くの節電対策がなされた。

七夕祭実行委員会代表の山口太郎さん(総2)は「来場者の皆さまにはとにかく楽しんでいただきたい」と語った。

関連記事

  1. SFC、湘南台駅間 相鉄線延伸を検討 交通整備など2年かけ協議
  2. 新型インフル感染拡大 慶大も対策を検討
  3. 定年退職の教員~38名発表される
  4. チャールズ皇太子夫妻、来塾
  5. 9大学学長が共同声明 公的投資の拡大を訴える
  6. 「就活ルール」廃止決定 今後は政府主導へ
  7. 慶應讃歌に3000人聴き入る 14曲の新カレッジソング披露
  8. 慶大、ワクチン接種21日より始まる 会場では特段の混乱なく
PAGE TOP