應援指導部、慶早戦では3年ぶりの内野席応援

振り回したバットが見事に捉えた球は、乾いた打球音をあげながら澄み切った大気に放物線を描いた。わあっと歓声を湧かせる明治神宮球場の主役は、死闘を繰り広げる両校の選手たちであろう。しかし、慶早戦を慶早戦たらしめる脇役の存在を忘れてはならない。三塁側のアルプススタンド前方。鋭利な秋風に立ち向かうように、選手へ声援を送る塾生の姿があった。

今年6月から新体制を迎えた慶大・應援指導部は、チアリーディング部と吹奏楽団の2部門で構成されている。試合当日は、代表者が塾旗の掲揚を担う。試合中はもちろん、その前後でも彼らは音楽を奏で、チアダンスを踊り、大声で球場全体を鼓舞する。

新型コロナウイルスの感染拡大により、ここ数年は満足のいく活動ができなかった。今回、3年ぶりに内野外野ともにメイン台が設置され、その上での應援が実現した。コロナ禍で失われた慶早戦文化を取り戻し、より塾生に身近なものへと昇華するには絶好の機会である。

應援指導部所属、応援企画責任者でもある乃坂龍誠さん(政4)は、こう語った。

「野球應援というメインのイベントは、今日で最後になります。内野のメイン台で応援できるのは、自分が一年生の時ぶり。まず、その環境を整えてくれた関係者の方々、部員のみんなには感謝の気持ちでいっぱいです。そして、きのう土曜日は悔しくも負けてしまった。やっぱり、(慶早戦は)早稲田に勝つということに意味があると思うので、今日はしっかりと勝利を獲得していきたい。試合後に部員のみんなが笑顔でいられるような、そんな応援をしていきたい」

内野席メイン台に立つ乃坂さん(中央)

慶應義塾高校3年時、應援指導部として春夏の甲子園に立った乃坂さん。応援席での一体感やスタンドからの景色が忘れられず、大学でも入部を決めた。慶應の応援が好きで、自分達にしかできない応援を作りたいと思っていたのだという。應援指導部が得意とするのは、「気合い」と「ロジカルさ」の両立。懸命な声出しだけでなく、試合展開に合わせた応援を心がけている。たとえば、「ダッシュケイオウ」という野球の応援歌があるが、相手のピッチャーとキャッチャーが耳打ちしあっている時にはあえて吹奏楽の音量を下げたり、メイン台のチアダンスをやめたりしている。そうした緩急をつけたロジカルな応援は、慶大独自の強みであろう。

勝利が厳しいと言われていた試合で白星を飾った際、體育會部員から「應援指導部がいてよかった、ありがとう」と声をかけてもらった。感謝は、應援指導部における全ての原動力になっている。コロナ禍で準備や業務が大変だった時も、野球連盟や野球部員、各サークル、学生部など慶大内外のありとあらゆる関係者の協力のおかげで、應援指導部の活動が成り立ってきた。また、慶早戦では、早稲田の存在も大きい。「早稲田がいてこその、慶應」。乃坂さんは、改めてそう話す。

四、五十年来のベテランファンから制服姿があどけない幼稚舎生まで、普段はバラバラの個人でも応援では一体感が生まれる。独立自尊でありつつも、応援となると社中一体となる。それが慶應の応援の魅力である。今年12月に引退する乃坂さんは、来年度以降の應援指導部へ向けてこう述べた。「後輩には、全てに誇りを持てるようになってほしい。自分自身へはもちろん、慶應義塾や各體育會、OB・OGに対しても。残された時間を悔いなく過ごし、一つ一つの行動を心がけていれば、おのずと誇りをもてるはず」。乃坂さんのその言葉からは、部をまとめあげた一人の塾生の英気と達成感が見てとれた。

應援指導部は、あくまでも花を添えるサポート役。球場のカクテル光線も、彼らを中心に照らすことはない。それでも、打楽器の律動と奮励のコール、チアダンスの躍動と管楽器の旋律とで、緊張と熱狂が入り混じる乱雑なスタジアムを秩序立てるのは、他の誰でもない應援指導部である。四方八方へ規則的に振り上げられる旗は、流動的でとりとめのない情に揺さぶられる観客に、一本の筋道を示してくれる。まさに、義塾の精神でもある「全社会の先導者」として、新たな道を切り開く使命を背負う部にふさわしい。

今秋の慶早戦は2連敗を喫し、惜しくも3位で幕を閉じた慶大野球部。試合後、選手らは三塁側内野席の前に整列し、一礼した。應援指導部と観客は、それに拍手と励ましの掛け声で応える。今からちょうど77年前の1945年11月、神宮球場にて戦後初の慶早戦が行われていた。焼け野原と化した日本で、虚脱状態にあった人々を奮い立たせた應援指導部。瞳を乾かすほどのその情熱は、再開発によりビルが取り囲む球場で、ひたすらエールを送り続ける現在の部員たちにも、確かに受け継がれている。

 

(野田陸翔)


※本記事の写真は全て應援指導部より撮影・掲載許可を得ています。試合等における應援指導部の撮影は原則認められておりませんので、ご注意くださいますよう、お願いいたします。
また、本記事写真の無断転載はご遠慮ください。