報道

NTTレゾナンドと共同研究 個人的な学習プロセスを調査 SFC研究所

SFC研究所は、インターネット・アンケートサービス「gooリサーチ」を提供するNTTレゾナンド株式会社と共同で、個人的な学習(会社・学校が提供している研修以外の自己学習)プロセスにおける情報源に関する調査を実施した。この調査は、全国のgooリサーチ登録モニターを対象にしている。
学習を行なう「きっかけ」の段階では、「家族や知人からの口コミ、勧め、励まし」や、「新聞、雑誌・書籍」からの情報を挙げている人が多かったが、実際に学習サービスを受けるまでの段階では、「ネット検索サイトでの関連情報の検索」を挙げる人が5割を超えた。
学習開始後に、学習の継続を促す情報として約5割の人が「家族や知人からの口コミ、勧め、励まし」を挙げる一方で、4人に1人が「日記(ブログを含む)やSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)でのサービス利用者の体験記」を挙げた。また、参加しやすいと感じる学習グループの形態についても、65%の人がオンラインでのグループ学習を挙げている。

関連記事

  1. 公開講座「スポーツと健康」~第3回講演行われる
  2. 復興支援を考えるサミット開催 ボランティア同士のつながり深める
  3. 福澤と神奈川、ゆかりの資料展示
  4. U2 ボノ氏、来塾
  5. 連合三田会大会 荒天の中、塾員で賑わう
  6. 「港区民大学」開講 東アジア情勢を語る
  7. 教員37人 慶大を去る 定年退職者、発表される
  8. 歴史散歩アプリを開発 
PAGE TOP