日吉研究所

《日吉研究所 FILE No.3》中目黒編

中目黒駅は日吉キャンパスから東横線に乗ること15分ほどにある。東横線にそのまま乗れば代官山・渋谷に行くことができ、日比谷線に乗り換えることで銀座・霞ヶ関・秋葉原へ行くことが可能なため交通の要衝とも言える場所だ。そして目黒川で見られる桜は東京が誇る春の絶景の一つとしても有名だ。今回はその中目黒でインスタ映えするスポットを探そうということで、我々は中目黒付近を散策した。

 

Stall Restaurant

まず、はじめに訪れたお店は、中目黒駅から目黒川沿いを歩くこと徒歩15分にある『Stall Restaurant』。

お店の内部は特徴的であり、中でもカウンターの存在はバーを彷彿させる。外観に加えこのようなスマートさを持っているお店もインスタ映えするのではなかろうか。

また、カフェとバーの双方を兼ね備えた点はまさに働く人にとっての憩いの場であることを感じることができる。仕事と仕事の合間に訪れるのにぴったりなスポットであることに間違いはないだろう。

内部のレストランで、早速ランチをいただくことにした。

まずいただいたのは「羊乳フォームとグリルベーコンのアマトリチャーナ」だ。パスタ料理の一種であり、パスタに絡みつく羊乳フォームとしっかりとした歯ごたえのあるグリルベーコンの組み合わせは非常に良く、セットのサラダとスープも加えると味が豊かなものになり、とても美味しいものであった。

そしてこちらが「today’s pastaの白身魚のラグーと菜の花のパスタ」だ。様々な野菜に彩られて食欲をそそる見た目だ。一見お洒落な洋風パスタに見えるが、食べ応えは抜群。一口食べれば、程よい太さの麺に魚介のラグーの程よい塩味と菜の花が絶妙なバランスで組み合わさり、一足早い春の訪れを感じさせる。これからの季節にぴったりの料理ではないだろうか。

そして最後にご紹介するのがこちらの「ブッダボウル」。名前、外観ともにインパクト抜群だ。特に目を引くのは中央にかかったピンク色のソース。まさにインスタ映えしそうである。お皿には様々な種類の具材が載っており、飽きることなく楽しむことができる。このブッダボウル、あまり聴き慣れない料理名だが、穀物や野菜などを盛って食べる菜食丼のことを指し、今話題となっているそうだ。

 

一同はお店を出て二軒目へと向かったわけだが、途中でかの有名な目黒川を渡った。序盤にも書いたが、春には目黒川沿いは次の写真のような桜で彩られ、是非ともカメラに収めたい風景であり、必見だ。

 

 

Moke’s Hawaii

二軒目に訪れたのは、中目黒駅から歩くこと徒歩2分にある、ハワイ・カイルアで人気の行列店、「Moke’s Hawaii」だ。水色の爽やかな建物は、ハワイを彷彿とさせる。水色とピンクを基調としパステルカラーで彩られた店内は、とても可愛らしく、インスタ映えを求める女性客で賑わっている。

 

壁紙や飾られている絵、クッションをはじめとしたインテリアの細部にまでこだわっていて、おしゃれな雰囲気でのんびり過ごしたい人にはうってつけのお店だ。

パンケーキで有名なこちらのお店だが、おいしくて”映える”ドリンクも多く販売している。

こちらはアヒルのハワイアンソーダ。ブルーとピンクの二種類展開だが、まずブルーソーダを注文してみた。アヒルがソーダの上に浮かんでいる様子は、まるでアヒルがハワイの海辺に漂っているよう。飲んでみると、オレンジとパッションフルーツの柑橘が香る、爽やかな味わいだ。トロピカル気分満載のアヒルのハワイアンソーダは、インスタ映え間違いなしだ。

このカフェの様々な”映える”ドリンクの中でも、特におすすめとされているのが天使のレモネードである。次に、天使のレモネードソーダを注文した。

この飲み物のカップに付いているスリーブが天使の羽の形をしているところがインスタ映えポイントである。スリーブの色も水色とピンク色の2色があり、どちらの色が出てくるのかは飲み物が自分の元に到着するまでのお楽しみである。また、こちらのレモネードはとてももこだわって作られている。生レモンにたっぷり浸けた無添加自家製のレモネードは、少し酸味が強く、すっきりとした味わいであり、非常に美味しかった。こちらのレモネードは、アイスのレモネード、レモネードソーダ、ホットレモネード、レモネードサワーの4種類用意されているため、その日の天気や気分によって変えてみるのも面白いだろう。
こちらのカフェはドリンクだけでなく、そのほかの料理もインスタ映えするのである。今回はお店一押しのパンケーキであるストロベリーブロンドを注文した。5枚のパンケーキの間にホイップクリームが挟まっており、一番上のパンケーキには濃厚なカスタードクリームが乗っている。旬のいちごと大きなマンゴーやナッツがたくさん盛り付けられており、見た目がとてもかわいいだけでなく、目も心もお腹も満たされる一品である。この他にもたくさんの映えるパンケーキが用意されているだけでなく、ご飯やパンなどといった食事もたくさん用意されている。ぜひ一度足を運んでみてはいかがだろうか。

関連記事

  1. 《日吉研究所 No.4》自由が丘編
  2. 《日吉研究所 FILE No.3》 みなとみらい編
  3. 《日吉研究所2020 No.5》「学生の味方!日吉で食べられる九…
  4. 《日吉研究所2020 No.8》慶大から徒歩3分〜矢上「どんぐり…
  5. 《日吉研究所 FILE No.2》代官山編
  6. 《日吉研究所 FILE No.2》田園調布・多摩川編
  7. 《日吉研究所 No.4》渋谷編
  8. 《日吉研究所 FILE No.3》池袋編
PAGE TOP