スポーツ

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2013決勝

学生主体の運営 蝮谷で世界のテニス展開

優勝したM・エブデン選手

エブデンと健闘した添田選手

17日、慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2013のシングルス決勝が蝮谷テニスコートで行われた。今大会は慶大庭球部の学生を中心に運営を行っている。今年の決勝は第1シードM・エブデンと第3シード添田豪で争われ、最終セットまでもつれこむも最後はエブデンが接戦をも制し優勝を果たした。

表彰式でエブデンは「第2セットの中盤まで添田のプレーが素晴らしく何もできなかったが、諦めずにファイトを続けた。最後はラッキーもあった」と試合を振り返った。

関連記事

  1. 東京六大学秋季リーグ開幕 連日の大勝で好発進
  2. ラグビー 選手権8強で閉幕
  3. 代表4人、52年ぶりの快挙 パラリンピックは初
  4. [関東大学対抗戦 詳報]「克己」~蹴球部・筑波大学戦リポート
  5. 体育会ウォッチャー
  6. [バスケ]早慶戦 3年ぶり悲願の勝利
  7. 水上運動会でボート体験 端艇部員が塾生と交流
  8. 《2018年度主将インタビュー》蹴球部 古田京選手
PAGE TOP