[広告]慶大生専用寮 新規オープン 充実の環境で新生活を

今春、Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン(SST)内に慶大生専用寮が新規オープンする。綱島SST国際学生寮だ。日吉駅から徒歩15分、複合型商業施設「アピタテラス」が隣接し、日常生活には困らない、申し分ない立地である。

Wi-Fiが完備された9階建ての寮で1‌6‌3名が生活を共にする。そのうち半分は留学生だ。ユニークなのは、留学生と日本人学生が隣同士になる居室形態だ。顔を合わせる機会が増え、自然と国際交流ができる。寮長が常駐し初めての一人暮らしでも安心だ。しかし門限がなく、自由に時間を使うことが可能だ。

この寮の魅力はプライベート空間と交流スペースが十分に確保されているところだ。広い居室に家具は備え付け。ベッドや机はもちろん、エアコンや冷蔵庫なども一通り揃い、収納面も大変充実している。さらに、独立洗面台やバストイレ別なのも嬉しい。各居住階にはラウンジとキッチンスペース、ランドリーコーナーがあり、なんと洗濯機は無料で利用可能だ。

食事が出ない分、寮ではキッチンスペースが充実している。共有階にはメインのキッチンダイニングがあり、7台のシステムキッチンが設置されている。個人用の鍵付きロッカーがあるほか、一通りの調理器具が用意され、すぐに料理を開始でき、その場で食べることも可能だ。他の寮生と一緒に料理や食事をしながら、楽しいひと時を過ごせるに違いない。最上階は共有スペースとなっており、日頃の団らんやイベントにも使用可能だ。

この寮では、寮生同士の交流が深まるような仕掛けが随所に用意されている。さらに他の慶大生寮との交流会も企画予定だそうだ。ここに入れば自然と交流の輪が広がること間違いなしである。

入居対象者は2‌0‌1‌8年度の新入生だ。希望者が多い場合、抽選となるが、新規オープンのため一斉募集の今回は入りやすいタイミングである。申し込みは今月27日から3月1日まで。興味を持たれた方はすぐに動き出してほしい。

(広告)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは