就職特集2009その4~株式会社バンダイナムコゲームス

—仕事・業務内容
 当社は、グループ唯一のシナジー事業会社として、2006年3月31日に誕生しました。家庭用ゲームソフトや業務用ゲーム機器、携帯電話コンテンツなどの幅広い出口と、グループシナジーによるキャラクターを生かして『幅広いユーザーに、様々なジャンルの良質なコンテンツを、多面的に展開できる』ことが強みです。

—求める人材像
 ゲーム業界は常に変化している業界です。常にニーズの先を見据えてものづくりをしていかなければ、お客様に本当におもしろいものを提供することはできません。その変化を「大変だ……」と捉えるのか、変化しているからこそ「チャンスだ!」と捉え、その変化を楽しめるかでは、だいぶ違う成果につながるのではないかなと思うのです。また、ゲーム制作でも、プロモーションでも、全ての仕事はチームを組むことで、それぞれが、ひとり以上の力を発揮しています。技術や文化が常に変化し、事業の規模も拡大していく中、様々な知識を常に得続けること、そしてそれを仕事に生かし、チームでの成果につなげていくことが求められています。

—採用・選考
 自分の強みを生かして業務に携われるよう、12職種の職種別採用を実施しています。企画なら企画書の課題選考、プログラマーなら専門試験、デザイナーなら作品選考など、それぞれの職種で選考方法は異なります。
 特に人気があるのは企画職です。企画に必要なのはアイディアだけでなく、プロセス管理やディレクションなど、様々な能力が求められます。ゲーム制作の場では、様々な職種のスタッフが同じイメージを持って制作に携わることが重要です。伝わりやすさの工夫は人それぞれですが、わかりやすく図解をしたり、多少のプログラム知識があれば情報共有がしやすいなど、コミュニケーションを図るためのもうひとつの強みがあると、大きな武器になるかもしれません。自分の出来ること、やりたいことをしっかりと理解して、強みを生かしてほしいと思います。

—就活生へメッセージ
 たとえ、選考過程で落ちてしまったとしても、全てを否定をされたと落ち込まないでください。「もっとあなたの能力を活かせる会社が別にあるはず!」というメッセージとして捉え、この貴重な機会にぜひ前向きに、様々な企業にチャレンジしてください。
 応募されるみなさんにとって、たくさんの選考を受けるのは、体力的にも精神的にも、それから金銭的にも大変なことであると思います。私たちもいい選考が出来るよう頑張りたいと思っています。ここで敢えて頑張ってとは言わず、「お互い、頑張りましょう!」

(佐々木亮介)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは