連載人工知能の行方

  1. 【論説】問われる「人間の価値」

    圧倒的な成長を遂げている人工知能は多分野で活躍を見せ、世間を大いに盛り上げている。本連載『人工知能の行方』では、全9回にわたり実用化が進むAIに注目し、社会は人工知能とどう関わっていけばいいのかを考える場を提供した。人工知能の研究開…

  2. 【人工知能の行方 最終回】AIの「死」に向き合う

    人工知能に寿命はあるのか。1‌9‌9‌9年6月、AI搭載の成長型エンターテインメントロボットとして世…

  3. 【人工知能の行方⑧】ロボットと共存は可能か

    しばしば、アニメや映画、小説などのフィクション作品において、人工知能が描かれることがある。手塚治虫氏…

  4. 【人工知能の行方⑦】人工知能は人を裁けるのか

    今年、アメリカで世界初の人工知能弁護士「Ross」がBaker & Hostetlerと契約した。近…

  5. 【人工知能の行方⑥】変わる、小説の形

    「その日は、雲が低く垂れ込めた、どんよりとした日だった」――昨年、小説『コンピュータが小説を書く日』…

  6. 【人工知能の行方⑤】侵された人間の「聖域」

  7. 【人工知能の行方④】「愛着」から生まれるものは

  8. 【人工知能の行方③】進化するAIと雇用

  9. 【人工知能の行方②】ロボットタクシー実現へ

  10. 【人工知能の行方①】「アルファ碁」の勝利が示す未来

PAGE TOP