七夕祭の舞台裏 湘南学祭実行委員会代表インタビュー

72日と3日、2日間にわたり第33回七夕祭が開催された。七夕祭は五慶祭の一つであり、毎年7月の頭に湘南藤沢キャンパスで開催されている地元団体と協力して屋台を出したり、さまざまなサークル団体がパフォーマンスを披露したり賑わいを見せる。大迫力の花火も目玉企画の一つだ

今年は、3年ぶりに対面での開催となったまた、今年度から例年秋に開催されていた秋祭と七夕祭が融合し、2日間の開催となっている1日目は天候にも恵まれ2500もの来場者が2日目は雨に見舞われたものの、約1500人もの来場者が訪れた。両日共にチケットは完売し、七夕祭は大盛況となった。

 

一昨年の七夕祭は完全オンライン型、昨年度はオンライン・オフライン融合型、そして今年は完全チケット制を導入し、3年ぶり対面での開催となった。チケット制は、コロナ禍でもお客様を招き入れるための打開策だそうだ。初めてのチケット制導入に関して、今年度の湘南学祭実行委員会代表を務める谷口巧さん、「チケット用のメールを設けたのですが、そこの通知がとんでもなくて……」と語った。キャンセル等の対応に苦戦したという。コロナ禍での開催には実行委員会も頭を悩まされた様子だ。

 

七夕祭の運営において大切にしているのは、祭りの要素だ。装飾は櫓や提灯を設置するなど細部まで工夫があり、参加者の多くが浴衣を着ていること縁日を連想させる。また、七夕祭は地域の人々とのつながりを重視している。今年は地域の方の協力を得てキッチンカーやレストランコラボを実施したり、装飾用の門には藤沢市の方から提供いただいた竹を使用したりと数々のこだわりが見られた。谷口さんは、「第33回七夕祭は、地域のお祭りでもありつつSFCの学園祭でもあるという新しさがあると思います」と笑顔で語った。地域のお祭りの側面と学園祭の側面を持つという、新たな七夕祭の魅力だ。

今年の七夕祭の準備は、実行委員の取りまとめにおいて多くの障壁があった。今年から実行委員の名称が「七夕祭実行委員と「秋実行委員会」が融合したことにより、「湘南学祭実行委員となった代表の谷口さんは、それぞれのメンバーに元々あった輪をどう馴染ませていくか悩んだという。

また、引き継ぎが不十分であったことにも苦戦した。対面での開催は3年ぶりということもあり、過去の資料が十分に残っていなかったそのため、一から企画練る必要があった。

数々の障壁を乗り越え、ついに開催となった七夕祭当日。当日の大盛況の裏に、実行委員会の知られざる奮闘があった。苦慮したことは人手不足だったそうだ谷口さんは、「オンラインとオフラインを比べると企画の規模が異なって、それに伴い必要な人数も多くな人が足りなくなってしまいました。3年ぶりだったので色々なことをやりたくなってしまって色々なことに手を出した結果、膨大になってしまい……」と苦笑する

目玉企画の打ち上げ花火では、谷口さんが急遽アドリブで挨拶をした。花火打ち上げまでの時間を巻き過ぎしまい、逆に時間が余ってしまったそうだ。花火の舞台裏にも、最後まで気を抜かない、実行委員の絶え間ない努力があった。

来年以降の七夕祭の展望を谷口さんはこう語る。「今年度はオンラインからオフラインへの移行でまだ至らない点が多くありました。来年以降は、今までの良い点は残しつつ、問題点は解決してより良い七夕祭を作ってほしいです

 

目玉企画の打ち上げ花火

 

実行委員会のメンバー

 

盛り上がりを見せた七夕祭

(高梨怜子)