報道

「生命の回路図」開発 研究者間の情報交換を促進

特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構、独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構、慶大、独立行政法人理化学研究所、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所などの研究者は、国内外のおよそ30の研究機関とともに、生物学的ネットワークのグラフィカルな表現言語の国際標準を開発した。 この標準は、システム生物学グラフィカル表記(SBGN)と呼ばれ、電子工学における回路図に相当。研究者同士が複雑な情報の表現やコミュニケーションをより迅速かつ正確に行うことを可能にする。
生物学の分野では、分子間や遺伝子間の相互作用をグラフィカルに記述する標準はこれまで存在しなかった。2005年、特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構の北野宏明博士の提唱により、分子生物学並びにシステム生物学の知識の表現手法としての新たなグラフィカル記述標準の開発を目指したSBGNプロジェクトが開始され、今回の開発に至った。
SBGNが幅広くさまざまな生物学的ネットワークモデルに採用されることで、知識の集積と交換が促進され、生物学分野だけでなく、医学や創薬研究分野への研究応用が期待される。

関連記事

  1. 三田メディア 日曜・祝日も開館 11月と12月に試行的実施
  2. 平成25年度義塾収支予算を発表
  3. 大麻所持で塾生逮捕 義塾は処分を検討中
  4. 慶大、春学期授業始まる 三田キャンパスでは登校する学生の姿が戻る…
  5. 《今さら聞けないニュースの前提》シリア内戦 複雑化する勢力分布
  6. 塾生2名、大麻売買で逮捕 同様の事件、過去にも5件
  7. 有人探査を安全に NASAと共同研究開始
  8. イベント情報
PAGE TOP