日吉研究所

《日吉研究所 No.4》渋谷編

渋谷ヒカリエ、渋谷ストリーム。これらの建設によって「若者の街」から、「大人も楽しめる街」に変貌を遂げた渋谷。様々な顔を見せる渋谷は、個性的で魅力的なスポットも多い。中でも今回、空きコマに訪れるのにオススメな2つのスポットを紹介する。

 

明治神宮

JR原宿駅の表参道口を出て神宮橋を渡ると、荘厳な鳥居に目がいく。明治神宮への入口だ。鳥居の先には森に囲まれた参道がつづく。

明治神宮への入り口

明治天皇崩御の際、京都の伏見桃山御陵とは別に、人々が東京で明治天皇を偲ぶよすがを求める声から生まれたのが、明治神宮である。神社創建の際には、全国から約10万本の献木があった。我々がくぐってゆく森はそれらの献木から成る人工林である。森の中の参道は涼しく、木々の間から光が差す。参道の真ん中は正中と呼ばれ、避けて通るのが良いという。我々は参道の端を進んだ。

大きな鳥居をさらに2つ越えた先の境内で総務部広報調査課、権禰宜の平尾旨鏡さんに話を聞いた。明治神宮は明治天皇と昭憲皇后をお祀りする神社として大正9年に創建された。昭和20年に戦災で一度焼失したが、現在の社殿の多くは昭和33年に再建されたものだという。オススメのスポットは御苑。四季折々の自然が楽しめる。

境内

参拝の前に心身を清めるため、手水をとってから参拝する。今回、直接手水の作法を教わった。柄杓に水を汲むと左手、右手の順に手を清める。次に水を左手にすくい口を清める。その後左手をまたすすぐ。残った水で柄杓を流せば終了だ。冷たい水に心身がさっぱりした。

明治神宮は絶好の写真スポットでもある。拓けた空間に堂々と立っている本殿自体、どの角度からでも写真映えする。

神社の細部を見てみよう。向かって左側に寄り添って立つ二本の木。これらは夫婦楠と呼ばれ、縁結び、夫婦円満、家内安全の象徴となっている。また建物の様々な場所で見かけるハート模様。猪目(いのめ)と呼ばれ、火除けの象徴である猪の目をモチーフにしたものだという。そして建物の上部に見られる蛙股。蛙の足のように見えることからそう名付けられたそうだが、神社によってモチーフが異なるそうだ。昔の人々の独特の美意識が窺える。

蛙股

深い森に囲まれた神社の凛とした佇まいは、創建当時の日本を想像させる。それもそのはず、この森は創建当初から自然の循環に任されているのだ。荘厳な杉の森にしたいという、当時の首相である大隈重信の意見を覆し、未来を見据えて土地に合う照葉樹が植えられたという。現在明治神宮で見られる美しい森は、当時の壮大な構想と、今まで護り育ててきた先人のまごころの賜物なのだ。

2020年に創建100年目を迎える明治神宮。現在は記念事業として建物の修繕が行われ、明治神宮ミュージアムも今年の10月26日に開館予定だ。巨匠隈研吾氏によるデザインである。この機会に、明治神宮での特別なヒーリング体験はいかがだろうか。

 

VREX 渋谷宮益坂店

渋谷のハチ公前広場から山手線の高架下を進み、シブヤボウリングの裏道に入る。そして見えてくるのが、次の目的地、VREX 渋谷宮益坂店である。ここはカフェでありながら、最近流行りのVR・ARゲームを楽しむことができる。白と紫を基調とした店内に入ると、まるで近未来に迷い込んでしまったかのように感じられた。店内は、ゲームを楽しむ子ども達と、彼らを見守る親御さん達で賑わっていた。

最初に、私たちは腹ごしらえをすることにした。今回注文したのはケーキセットだ。

ケーキセット

このケーキセットは日によって異なるケーキが提供される。この日はミルクレープだった。ケーキの上にふんだんにまぶされたアラザンが、宇宙を連想させる。ミルクレープにマンゴーとキウィのジュレがマッチしていて、非常においしかった。そして、ケーキセットはケーキにドリンクバーがついており、学生にも大満足なメニューとなっている。

ケーキセットを含む、ドリンクバーがついたお得なランチは平日限定となっている。大学生には是非、平日の授業の合間にでもランチを堪能してほしい。

ランチ以外にも、牛乳瓶をモチーフにしたタピオカ、チアシードを使ったスムージー、VRゲームのコンセプトを生かしたフードなど、バラエティー豊富なメニューが揃っている。このカフェのフレンチ出身の店長が、VRやARに合う料理を求め、試行錯誤しながらメニュー開発をしているという。

そして我々はお目当てのVRゲームに初挑戦することにした。VRゲームは一回700円程度で、長さは5分で終わるものから、30分程度かかるものまで様々にある。今回私は三つの体験型VRをプレイしたが、その中でも一番面白かった、urban kickwayというゲームを紹介したい。urban kickwayとは、キックウェイという動く乗り物に乗りつつVRゴーグルをつけて遊ぶ、ジェットコースター体験型ゲームである。プレイ時間は5分程度と、空きコマにもちょうどよい時間ではなかろうか。実は当初私は、VRを体験している自分を他人に見られるのが恥ずかしく、あまりVRゲームに乗り気ではなかった。しかしVRゴーグルをつけると、私にとっての現実はVR内の映像となり、抵抗感は消えた。VRの魅力は、人々にVR空間を現実として錯覚させる効果があることだと思う。他にもこのゲームには、ゲーム空間を現実と錯覚させる効果が所々施されていた。ジェットコースターが曲がるときにはキックウェイも曲がり、下るときには目の前の機材から風が吹く。仮想現実には動じないと考えていた私も、何度もキックウェイから落ちかけ、叫び声をあげてしまった。

VRのダンスゲームに没頭している記者たち

こうしたVRの迫力は一度体験してみないと分からない。VREX 渋谷宮益坂店では、大学生は800円の学生割引が効くため、お得にVRゲームを楽しむことができる。日常の喧騒から逃れ、異次元空間を堪能する空きコマもたまにはよいのではないか。

関連記事

  1. 9月入学の是非を問う
  2. 《サークル密着》 ボランティアサークル ライチウス会
  3. 《日吉研究所 FILE No.3》インスタ映えを求めて
  4. 《日吉研究所2020 No.9》【スイーツ好き必見!】ふわふわパ…
  5. 《日吉研究所 FILE No.2》武蔵小杉・元住吉編
  6. 《Web企画 我が推し紹介します vol.1》 不朽の名作 『古…
  7. 慶大と三田の名建築 建築に刻まれた歴史を体感
  8. 《日吉研究所 No.4》みなとみらい編







PAGE TOP