連合三田会大会 「生涯の一日」 分かつ

秋晴れの中、賑わう日吉キャンパス

慶應連合三田会大会が先月16日、日吉キャンパスで開催された。同大会は、慶應連合三田会のサポートのもと塾員有志によって開催される、年に一度の慶應義塾の大規模な同窓会だ。会場は大勢の塾員やその家族で賑わい、2万人ほどが来場した。

今年度の大会スローガンは「共にすごそう『生涯の一日』」。福澤諭吉の言葉、「今日も生涯の一日なり」にインスピレーションを得ている。連合三田会大会という場で、大事な一日を共に分かち合い、再認識しようという意味が込められた。

屋外には企業や慶應義塾の関係団体によるブースが軒を連ね、食品や酒類、グッズ販売の模擬店のほか、さまざまなサービスが提供された。午後には売り切れる店も多く、飲食スペースは常に満席だった。

日吉記念館では記念式典が行われたあと、歌舞伎やトークショーなど、著名人によるステージが行われた。miwaさんのスペシャルライブでは、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団との共演も披露され、最後は会場全体で『若き血』を歌った。日吉記念館の様子は、屋外のモニターでも放映された。

陸上競技場には、人気ゲーム『妖怪ウォッチ』の人気キャラクターがあしらわれた「コマさんのボールプール ふわふわ」が設置された。そのほかにも「妖怪ウォッチキャラクターショー」や走り方教室、医療体験セミナーなどの子供向けイベントがあり、家族連れで楽しむ姿も見られた。

校舎内でも、さまざまな業界の講演会や三田会会員によるコンサート、ラーメン二郎創業者の山田拓美さんと塾員によるトークセッションなど、数多くのイベントが催された。

車や旅行券、宝飾品などの豪華景品が当たる福引では、熊本県の復興を応援する「生涯の一日」賞も用意された。抽選会にはタレントのトリンドル玲奈さんやフリーアナウンサーの平井理央さんなどが出演し、会場を盛り上げた。