報道

サイエンスカフェ開催 クマムシの生態を語る

先月12日、日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペースにて、自然科学研究教育センター主催のサイエンスカフェが開かれた。

第27回目となる今回講師を務めたのは、慶大医学部准教授の鈴木忠氏だ。これまでの研究で明らかにされてきたクマムシの生態について語った。

クマムシとは緩歩動物門の生物で、8本の脚をもち、脱皮して成長する。1200種ほど発見されており、現在でも年に数十種というペースで新種が発見されている。しかし、研究者が少なく、データが不足しているために、生態については不明な点も多い。

特にコケに棲息する種のクマムシは、身体を樽状に変え、自ら乾燥することによって無水状態を生き延びる「乾眠」と呼ばれる特性をもつほか、放射線や高圧下などの様々な極限状態に耐えることで知られる。ただし、鈴木氏は「どのようなメカニズムでこうした耐久性がもたらされているのかについては、よくわかっていない」と述べ、研究の余地が多く残されていることを伝えた。

会場には子どもからお年寄りの方まで幅広い年齢層の人々が集まり、終始和やかな雰囲気の中で進められた。顕微鏡も用意され、多くの方がクマムシの様子を実際に見て楽しんだ。

サイエンスカフェは、科学者と一般市民が飲み物を片手に気楽に語り合うもので、自然科学に対する相互理解を得ることを目的としている。

関連記事

  1. 329人が9月入学
  2. 大学院 政メに新コース創設
  3. 「ナウシカ」の飛行機開発者 八谷和彦氏が講演
  4. 黒田東彦氏が来塾 アジア開発銀行総裁日本の成長戦略を提案
  5. ミス日本 グランプリに慶大生
  6. 今年度ミス慶應は本山華子さん
  7. 2015名、大学院へ進学
  8. 【速報】今年度三田祭前夜祭アーティスト 木村カエラさんに決まる
PAGE TOP