【三田祭速報】瞳輝く子どもたちとのふれあい

 第一校舎の前で子どもたちを誘う着ぐるみロボット。そのかわいらしさにひかれてついていくと、子どもたちのための工作教室が開かれていた。児童文化研究会は子どもたちにも三田祭を楽しんでもらおうと、会員が子どもたちと一緒に工作をしたり、自作の人形劇や影絵を発表したりしている。
 会員に話を聞くと、夏休み明けから2カ月近くかけて準備を進めてきたという。「どうすれば子どもたちが喜んでくれるかを考えるのが難しかった。中にはストーリーが複雑な劇もあるけれど、子どもたちには意外に伝わるもので、彼らのすごさを実感する」と語ってくれた。
 子どもたちはみな楽しそうに工作に熱中していた。きらきらと輝く子どもたちの笑顔に心癒されるのもいいかもしれない。

 

『人形劇・影絵劇公演/児童文化研究会@第一校舎107教室』

                                                           (陶川紗貴子)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは