《W杯特集2018》「敵を知るにはまず食事から!」セネガル編

開催中のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会。日本代表はグループステージ第2戦で、セネガル代表と戦う。

……といったところで、記者はセネガルという国についてあまりピンと来ていないのだった。敵を知るには食事から! セネガル料理を食べようと思い立った。

やってきたのは東京・吉祥寺の「アフリカ大陸」。特徴的な看板を目印に階段を降りると、その店はある。出迎えてくれた店主のFANTAみほさんが、セネガルの家庭料理を教えてくれた。

ここから私たちをアフリカへと誘う

まず食べたのは、「ヤッサ・ギナル」だ。「ギナル」は「鳥」という意味で、レモンの酸味がさわやかに利いたチキンライスである。食べてみると、遠く離れた国の料理とは思えないくらい、日本人の口に違和感なく合う。

ヤッサ・ギナル

次は「マフェとクスクス」である。マフェとはピーナッツ、オクラの粉末、イエット(発酵した貝)が用いられたソースで、クスクスという雑穀をつぶした小さなパスタにかけて食べる。こちらは日本食ではあまり出会えない味だが、少し甘みがあり、クスクスの食感と併せて癖になる。

マフェとクスクス

「セネガル人の国民性は、音楽・ファッション・踊りが好きだが普段は真面目で思慮深く、欲があまりない人が多い」とみほさんは言う。ポーランドを下し勢いに乗るセネガルとの一戦に、ますます目が離せない。

(杉浦満ちる)

 

アフリカ大陸

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-4 オフィスワン地下103

営業時間  火、水、金、土、日17:00~0:00 (ラストオーダー23:00)

店舗HPはこちら http://yashizake.net/

 


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは