慶應塾生新聞会 三田オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦2-8-14 第2AKビル4階B
TEL 03-3454-7966
FAX 03-6435-2573

【ミスター慶應2017】Entry No.5 川口駿一さん (総合政策学部3年)

―ミスターコンテスト出場のきっかけは何ですか。

2つあります。1つ目は、高校時代にミスター慶應の特集の番組を見て、単純にかっこいいなと思い、憧れを持ったことです。2つ目は、僕は歌手を目指しているんですけど、歌手になるために何か武器になるものはないかと考えたときに、ほかの大学にはない特別な存在感のあるミスター慶應に出場できれば、自分の夢に近づくのではないかと思ったことです。

―なりたい男性像はありますか。

わが道を行く人はかっこいいなと思いますね。大学に通っていると、ちゃんと自分の将来を考えていて、将来を決めている人など、堅実な学生が多いなって感じます。僕は歌手を目指していて、親に心配されることもあります。でも芸能界で活躍されている方は、周囲の反対を押しのけて大成された方も多いと思うんです。僕も、わが道を行く人になりたいですね。

―休日の過ごし方を教えてください。

友達とキャンプに行ったりしています。レンタカーを借りて、キャンプに慣れている友達と一緒に。都会にいて、ちょっと疲れたなっていうときにキャンプに行って、何も考えずに体を動かすのが好きです。男だけのキャンプで、写真もほとんど取りませんね。キャンプそのものを純粋に楽しむようにしています。

―理想の女性像を教えてください。

素直な人ですね。あと、根は真面目な女性にも惹かれます。駆け引きを仕掛けられるのがあまり好きではないので、素直に想いを伝えてくれるほうがいいですね。

―座右の銘はありますか。

「来るもの拒まず去る者追わず」です。初対面の人にも、全身全霊で対応しますね。自分を偽ることはなんか違うなと思っていて。素直にありのままの自分で過ごしています。

―これからの抱負があれば教えてください。

歌手になるという目標のために、努力は惜しまないという気持ちで、できることは全てやりたいと思っています。僕、メンタルが強くないんです。何度もくじけそうになって、諦めようって思うこともあります。でも自分に鞭を打って、残された時間を大切に、夢に向けて頑張っていきたいと思います。

―読者に一言お願いします。

ミスターの活動には皆様も一緒に楽しむことのできる様々なコンテンツが用意されていると思うので、ぜひ三田祭のステージを見に来てください。よろしくお願いします。
(聞き手=平良匠)