【記者の眼】塾高野球部、次の舞台へ

強豪揃いの神奈川県大会で、夏に準優勝を果たした慶應義塾高等学校野球部。その中心であった3年生も半年後には慶大の野球部に入部予定だ。来年大学のチームに加わる塾高野球部の3年生から、主将の大串亮太さん、副主将の瀬戸西純さんと木澤尚文さん、主務の福田拓也さんの4人に話を聞いた。

「チームの勝利が自分にとっては一番嬉しく、それが多かったので、最後決勝は負けたが良い夏だった」と今年の夏を振り返るのは主務の福田さんだ。広い視野で常にチームのことを考え部の要であった福田さんは、大学野球について「新しい仲間と野球ができるのは楽しみ」と話す。

最後決勝のマウンドに上がった木澤さんは春に怪我をし、夏に投げられるか分からなかったという。マウンドに上がる時、3年生の仲間の声援が聞こえ「3年間やってきて良かった」と感じた。気持ちでぶつかる投手になりたいという木澤さんは「野球人生で一番充実したものになるようにしたい。とても燃えている」と大学野球への強い思いを口にした。

新チームになり挑んだ昨年の秋の大会で初戦負けをした塾高野球部。その悔しさを忘れずに戦ったという内野手の瀬戸西さんは、「後輩の内野手に積極的に声をかけ、守備に重点を置いた結果、決勝までいけた」と振り返る。「小さい頃は自分が六大学野球でプレーできるとは思ってなかったので楽しみだし、思いっきりやりたい」と話し、守備と周りに影響を与える声かけをアピールしたいという。

主将の大串さんは、「自分が主将というよりは、みんなが主将という思いでやってくれた結果が勝ちにつながった」と謙遜した様子。「野球は好きで楽しいが、やっていけるかという心配が強い」と大学野球への率直な気持ちを口にした。長打よりヒットをたくさん打つバッティングをアピールしたいという。

彼らが大学でどんなプレーを見せてくれるのか今から待ちきれない。
(澤井祐佳)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは