【速報】霞会、無期限の活動停止へ 飲酒事故対策守らず

慶大塾長の伊藤公平氏は、2021年12月15日付で、公認学生団体の「霞会」に無期限の活動停止を命じた。

公開された告示によると、過去数年にわたって、未成年者が飲酒に及んでいたことが理由という。団体の公認申請の際に届け出た飲酒事故対策を遵守せず、責任者および成年者はそれを看過してきた。

霞会は憲法、民法、国際法、経済理論、外交の5つの勉強会から構成され、輪読やディスカッションを通した学習を行っている大規模な慶大の公認団体。1985年に設立され、「慶應から有能な国家公務員を輩出すること」を理念に掲げている。

(粕谷健翔)