企画

カラダの中からキレイになろう ミス・インターナショナル日本代表に聞く

お菓子を食べると、おいしくて幸せな気分になるが、健康面が少しだけ気になってしまう。それならば、体に優しいお菓子を自分で手作りしてみよう。ヘルシーなお菓子を作るコツについて、慶大文学部を卒業し、2003年度ミス・インターナショナル日本代表を経て、料理研究家として活躍している松見早枝子さんに聞いた。

松見早枝子さん

松見さんによると、グラニュー糖などの白砂糖や、バターなどの乳脂肪が多く含まれているお菓子は体に良いとは言えない。ヘルシーなお菓子を作りたい場合、特に気を付けたいのは、「甘味料、粉、油」の三つだ。

まず甘味料については、白いものよりも茶色いものを選ぶようにしよう。グラニュー糖など精製度の高い白砂糖では、カロリーが高いだけで栄養はない。血糖値を急激に上げるため、肥満や糖尿病につながったり、体を冷やしたりと健康面への影響が出てしまう。栄養価が高くて体にも優しい甘味料は、黒糖、きび砂糖、てんさい糖、はちみつなど。最近ではココナッツシュガーやアガペシロップなど、血糖値の上昇が緩やかになる「低GI」と呼ばれる甘味料も出てきている。もしくは、バナナや甘酒で甘味をつけて、砂糖を減らすことも可能だ。

焼き菓子を作る時の粉については、薄力粉ではなく、全粒粉という小麦の外皮も挽いたものや、玄米粉、おからなどを使うようにしよう。糖質以外に食物繊維やたんぱく質、ミネラルが含まれているため、血糖値が上がりにくく、食べても太りにくいという。

(写真:提供)

油分に関しては、バターを大量に使わないように気をつけること。バターも少量なら問題ないが、できればココナッツオイルやグレープシードオイルなど、健康に良い植物油を使うのが望ましい。特にココナッツオイルはもともと甘い風味があるので、お菓子との相性がとても良く、砂糖の量も減らすことができる。アボカドをミキサーにかけ、油分として使う方法もあるそうだ。

もしチョコレート味のお菓子を作りたい時は、ココアパウダーを使うと、油分が抑えられてヘルシーに仕上がる。チョコレートは湯せんで溶かす必要があるが、ココアパウダーならそのまま使えるため簡単だ。

ヘルシーなお菓子は、生活のどの部分に取り入れるのが適当なのだろうか。「食事の回数は少なすぎると良くない。一回の食事の量が多くなってしまいがちで、血糖値が急上昇するうえに、内臓に負担をかける。昼食前に小腹が空いた時や3時のおやつとして、栄養価の高いお菓子を食べることがおすすめ」と松見さんは話す。食事の際にご飯を少なめにするなどして調節すれば、カロリーも気にならないだろう。

栄養が摂れるようなお菓子を作って、軽食として取り入れてみてはどうだろうか。松見さんは今回、塾生に向けて二つのヘルシーレシピを紹介してくれた。来月はバレンタインデーもある。誰かにあげるにしても自分が食べるにしても、せっかくなら健康を気遣ったお菓子を作りたいところだ。
(原科有里)

(次ページ:松見さんによるヘルシースイーツレシピ)

1

2

関連記事

  1. 新たなつながりを生む 「寮」という選択
  2. 【CAMPUS IDOL】商学部3年 前田香織さん
  3. 【多事創論】これからの大学教育を考える 大阪大学総長 平野俊夫氏…
  4. 塾生時代に起業した若者たち 世界史専門塾「史塾」福村駿介さん
  5. 【環境サークルE.C.O】環境週間開催 ろうそくがキャンパスを照…
  6. 【企業のチカラ】第1回 日置電機株式会社 地方から世界をフィール…
  7. 三田に自邸を建設中! 蟻鱒鳶ル(ありますとんびる)の作り手とは
  8. 大学で活動する カルト団体の問題 新入生は特に注意を







PAGE TOP