報道

テクノモール2‌0‌1‌6 最先端研究を発信

ブースは多くの人で賑わった

第17回慶應科学技術展「KEIO TECHNO-MALL 2016」が先月16日、東京国際フォーラムで開催された。同展示会は、慶應義塾先端科学技術研究センターが主催するイベントで、慶大理工学部・大学院理工学研究科の研究成果を産業界に発信している。

92のブース展示と8のパネル展示が行われた。研究内容はバイオメディカル、情報コミュニケーション、メカニクスなど多岐にわたり、研究者と企業の共同研究や技術指導、委託研究に繋がるマッチングの場となった。

建築家の隈研吾氏によるメインイベント「新国立競技場をつくる」や、脳科学者の茂木健一郎氏を招いたラウンドテーブルセッション「コンピュータに騙される人間の脳―バーチャルリアリティとロボットに見る」などが催され、会場は熱気に包まれた。

主催者は塾生に向けて、「理工学研究科がどういう研究をしているのかを見て、慶應の研究の幅の広さを知ってもらいたい」とコメントした。

関連記事

  1. フランス法特別講座~仏民法学者が教鞭
  2. 平成19年度卒業式 ~6568名の旅立ち
  3. 大川賞受賞記念シンポジウム ヘネシー氏と相磯氏が登壇
  4. メディアコム 公開講座を開催
  5. 今年度ミスコン中止 運営団体の解散処分受け
  6. 三田演説会 槇氏が登壇
  7. 理工研究科 数理科学分野で阪大と連携~教員相互派遣は義塾で初
  8. 電子書籍 合同利用実験が終了







PAGE TOP