[バスケ]バスケ早慶戦 リードを守りきれず逆転負け

果敢にゴールに向かう髙田(環3)

第76回早慶バスケットボール定期戦が7月7日、大田区総合体育館で開催された。
慶大は、序盤リードを奪ったものの、後半早大の反撃を許し逆転負け。2年ぶりの定期戦勝利は果たせなかった。

第1Q、慶大は球際の強さを発揮し、早大のミスも重なったことから試合は有利に展開。18―14とリードした。

しかし、第2Q以降早大のオールコートのマンツーマンディフェンスに苦戦を強いられ、次第にシュートの精度を欠きはじめ、逆転を許す。点差は広がり続け、58―84で敗れた。


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは