《日吉研究所 FILE No.2》自由が丘編

日吉研究所|FILE NO.2

日吉から東横線で渋谷方面に10分というアクセスの良さ。おしゃれな街並みやたくさんのカフェが集まることから、女子中心に絶大な人気を誇る自由が丘。しかし「自由が丘にはカフェが多すぎてどこへ行ったらいいのかわからない!」という人も少なくないだろう。そこで私たちは実際に自由が丘のカフェを調査。3軒のカフェを紹介したい。

フランス発!チョコレート好き必見のカフェ――CHAPON

CHAPONの外観

自由が丘駅から歩いて5分も経たないうちに到着。そこはフランスパリの名門ショコラカフェ「CHAPON」の日本一号店。店の入り口では、芸術的なロゴマークが異国情緒を感じさせてくれる。店内に入ると、そこには種類に富んだお洒落なチョコレートが揃えられている。チョコレート好きには打ってつけの場所に違いない。

「CHAPON」の売りは、世界各地のカカオ豆を産地に赴き選別し、加工までを一貫して行うという、今流行りの”Bean to Bar”(カカオ豆から板状になるまで)にある。店内では、世界各地のカカオ豆からできたチョコレートを試食することができ、原産地やカカオ含有率による風味の違いを楽しむことができる。

店で一番の人気商品は、「コフレ12アガーツ」。その芸術的なデザインが魅力のこの商品は、一見すると、包装紙に包まれているように見える。ところが、ホワイトチョコレートのコーティング上にプリントが施されているので、なんとそのまま食べることができる。この不思議な感覚を是非味わってみて欲しい。

名物「コフレ12アガーツ」

夏になるとカフェが人気で、アイスバーの他に、Bean to Bar製法で作られた6種類あるチョコレートムースを楽しむことができる。「CHAPON」では、他の店では知ることのできないチョコレートの魅力の新たな発見を期待することができる。家族や友人と立ち寄ってみてはどうだろうか。

韓国発!新感覚かき氷のカフェ――KKOT BING

店内に入ると爽やかなお兄さんが出迎えてくれたこのお店は「KKOT BING」だ。

店員さんが笑顔でお出迎え

もともと韓国のお店で読み方はコッビンというらしい。日本語で華氷という意味でかき氷に似ているが削り方が普通のかき氷とは違い花が舞うような様子であることから名付けられたという。

KKOT BINGには様々な味のかき氷があるが、今回はその中でも人気No.1の「生イチゴヨーグルトコッビン」、日本限定の「桜あんコッビン」、そして取材に応じてくださった店員さんのおすすめ「チョコブロッサムコッビン」の三つを実際に食べて見た。

生イチゴヨーグルトコッビン

まず食べたのが生イチゴヨーグルト。ふわふわのかき氷に乗ったたくさんのイチゴとヨーグルトソースが相性抜群で人気No. 1にも納得。付け合わせのイチゴソースをかけるとイチゴ感がより増して美味しい。初めて来た方はまずはこれから頼んでみるといいかもしれない。

次に食べたのが桜あん。桜あんが乗ったこのかき氷は味も見た目も和を感じさせるまさに日本限定のかき氷だ。横に乗ったお団子も可愛らしくインスタにもぴったりだ。

最後に食べたのがチョコブロッサム。取材に答えてくださった店員さんのオススメ。生クリームとチョコの相性が抜群で食べた瞬間口いっぱいにチョコの甘い風味が広がる。上にかかっているのはイチゴとチョコのチップでサクサクとした食感がアクセントになっている。チョコ好きの人にはぜひ食べて欲しい。

かき氷の他にも豊富な種類があるタピオカミルクティーやスムージーなどカフェメニューが充実していて女子会やカップルにオススメだ。

韓国発のふわふわかき氷を楽しめる「KKOT BING」を是非体験してもらいたい。

アツアツのパンケーキが食べられるカフェ――RusaRuka

続いて、自由が丘駅から10分ほど歩き、「パンケーキサロン RusaRuka」を訪れた。外観は黒色で統一され、自由が丘の街に合ったおしゃれな印象を受ける。店内はコンクリートを基調とした壁に可愛らしい雑貨や本をモチーフにしたインテリアが飾り付けられ、女子なら思わず写真を撮ってしまうこと間違いなしだ。

私たちは人気メニューの厚焼きフライパンケーキやオムレツパンケーキ、ロコモコbowl、蒸し鶏のガーデンサラダなど計6品を注文した。

厚焼きフライパンケーキは絵本「ぐりとぐら」に登場するカステラをモデルにしたメニューだ。子供の頃に一度は見たことがあるであろう「ぐりとぐら」のような懐かしい空気を感じてほしいと考案したそうだ。店内にも「ぐりとぐら」の絵本が飾ってある。

店内には「ぐりとぐら」をはじめ様々な絵本を展示

厚焼きフライパンケーキは熱々の状態でフライパンごと運ばれてきた。フライパンいっぱいに膨らんだパンケーキは通常のクラシックミルクパンケーキの7~8枚分というだけあって厚みがありボリューミー。生クリームとブルーベリーソース、アイスクリーム、ホイップバターも付いてくるので自分で好きな味を楽しむことができる。

フライパンごと出されるパンケーキ

厚焼きフライパンケーキは出来上がるまで30分程かかるので、予約することをお勧めする。

大学の後、少し羽を伸ばして「パンケーキサロン ルサルカ」でゆったりと優雅な時間を過ごしてはいかがだろうか。


放課後や空きコマを利用して友達と自由が丘のカフェを開拓してみてはいかがだろうか。自由が丘にはこれらのカフェのほかにも魅力的なカフェがたくさんある。必ず自分のお気に入りの店が見つかるはずだ。


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは