慶應塾生新聞会 三田オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦2-8-14 第2AKビル4階B
TEL 03-3454-7966
FAX 03-6435-2573

ボクシング早慶戦 劇的な逆転勝利

第7戦、慶大の勝利を決めた徳山

日吉記念館の中心に設営されたリングで宿敵同士の意地がぶつかり合う早慶ボクシング定期戦。慶大が劇的な逆転勝利で昨年の雪辱を果たした。

この定期戦は体重の軽い順に全7試合。早大は初戦、この対抗戦で最軽量となるライトフライ級に元高校チャンプの岩田翔吉が登場。慶大は熊谷(理1)が果敢に挑むが力量の差を見せつけられ1RTKO負け。その後もフライ級宮内(政2)、バンタム級折敷出(法3)が果敢に攻撃を加え、特にバンタム級では3人の審判のうち1人が慶大に札を上げる接戦を見せたが、連続の判定負け。1戦も落とせない窮地に立たされた。

この状況で4戦目のライト級に登場したのが慶大の主将、田中(総4)。主将対決となった早大・淡海との1戦で気迫のこもった攻撃を繰り出す。右の細かいパンチで相手の体力を削り徐々に優位を形成すると、判定で慶大に初の勝利をもたらし勝利に望みをつないだ。

主将の奮闘で流れが一変する。続くライトウェルター級では杉山(商3)が慶大を勢いづける戦いぶりで判定勝ち。さらにウェルター級の古山(経3)が激しい打ち合いを演じる。最後まで足を動かし続け1ポイント差の大接戦を制した。

ついに3勝3敗の五分に戻した慶大は、早慶戦勝利の悲願を最終ミドル級の徳山(理3)に託した。序盤はやや押される場面もあったが、倒れることなくパンチを打つと、最終3Rには捉えた攻撃が増えてくる。僅差の試合を意地で判定勝ち。徳山は勝利の瞬間手をあげ、慶大の選手を後押しした日吉記念館の観衆と喜びを分かち合った。
(安田直人)