個人情報の利用目的や取り扱い

慶應塾生新聞会は、個人情報の重要性を認識し、その保護の徹底を図るため、個人情報に関して適用される法令や規範を順守するとともに、個人情報を「個人情報保護方針」に従って取り扱います。なお個人情報は、お客様ご本人に関する情報で、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、職業、メールアドレスその他の記述等により、お客様個人を識別することができるものをいいます。

当社は、取得した個人情報について、利用目的の達成に必要な範囲内において、データ内容の正確性の確保に努めるとともに、当該情報への不正なアクセス及び当該情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩などが起きないよう、適切に取り扱います。そのために、個人情報データベースを厳重に保護・管理します。個人情報を取り扱う部門では責任者を定めて管理状況を把握するとともに、会内全体でもチェックし、遺漏のないようにします。

 

報道、著述に関わる個人情報の取り扱いについて

個人情報保護法は、報道、著述分野の活動が憲法で保障された表現の自由と密接に関係することから、報道、著述の用に供する個人情報を個人情報取扱事業者の義務規定の対象とせず、自主的に適切な取り扱いを徹底するよう求めています。

慶應塾生新聞会は、報道の自由、表現の自由を守りながら、報道、著述分野の個人情報の取り扱いについて、以下のようなルールを徹底しています。

 

  • 報道、著述目的の個人情報の取得は適正に行い、社会通念を逸脱した方法での取得はしません。取得した報道目的の個人情報は利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

 

  • 報道、著述目的で取得した個人情報は慶應塾生新聞会の言論、報道活動のみに使用することを原則とします。

 

  • 報道、著述目的で取得した個人情報の使用にあたっては、人権に配慮し、名誉やプライバシーを不当に侵害しないよう努めるとともに、差別や偏見を排除し、これを助長しないよう努めます。

 

  • 報道、著述目的の個人情報に関する苦情に対応する窓口を整え、誠実に対応します。(窓口の詳細については後述いたします)

 

報道、著述の用に供する目的に該当しない個人情報の取り扱いについて (個人情報保護法の義務規定の対象となる分野)

当会の報道機関としての活動を支えるため広い分野で展開している各種の事業活動において利用し、報道、著述目的に当たらない個人情報については報道機関としての社会的役割を自覚しつつ厳正に取り扱います。基本的には以下の取り扱い方針に沿って取り扱っています。

  1. 個人情報は利用目的をできる限り特定し、その範囲内で利用します。

 

  1. 個人情報の取得に際しては、法令による例外を除き利用目的をご本人にあらかじめ明示、または通知、ホームページ等で公表いたします。

 

  1. 取得は適正な方法で行い、データ内容は最新、正確な内容に保たれるよう努めます。

 

  1. 法令で認められた場合や、個人情報保護委員会への届出などオプトアウトによる第三者提供の手続きをとっているものを除き、ご本人の同意なく個人データを第三者に提供しません。

 

  1. 保有個人データに関する、ご本人からの開示等の請求については、法令に基づいて対応します。また個人情報の苦情に対しても社内体制を整備し適切に対応するよう努めます。

 

個人情報の利用目的の公表について (法第18条に基づきます)

以下、法令に基づき報道、著述の用に供する目的に該当しない個人情報の取り扱いについて必要な公表事項を掲載します。当会があらかじめ公表する利用目的は以下の通りです。別途ご本人に通知または明示して利用する場合がございます。

1.新聞、書籍等の発行に伴う購読申し込み者などの購読・購入者管理

2.新聞、インターネット等の広告事業

3.報道及びマーケティングのための読者等を対象としたアンケート、調査

 

新聞購読のためにご提供いただいたお客様の個人情報について

慶應塾生新聞購読のためにお客様から個人情報をご提供いただくにあたっては、当会から各会員に対して、個人情報を漏洩・流出させたり不正に利用したりしないよう、厳正な管理を義務付けております。

 

お問い合わせ窓口

個人情報の取り扱いに関する問い合わせ等にお答えする当会の総合窓口は以下の通りです。ただし、開示をはじめ個人情報保護法が定める各種請求や、それに対する当会からの回答は原則として郵送等による書面のやり取りとし、電話でお答えするのは手続きに関する質問に限らせていただきます。また、当会を直接来訪されての申請や問い合わせには応じかねますのでご了承ください。

住  所 〒108-0073 東京都港区三田3-4-8 佐野ビル4階
電  話 03 (3454)7966