f

f

9日に行われたU20日本代表 vs. U20サモア代表戦の後半残り僅か、相手陣ゴール前付近でモールを形成し押し込む日本代表。今大会予選プール3戦全敗、「世界」との距離を痛感した日本代表であったが、個人レベルでは掴むものが大きかったのも事実。副将のFL山下昴大(早大)は「FLが愉しくなってきました」。SH滑川剛人(帝京大、写真左端)も日本代表に「テンポアップをもたらす」(薫田監督)存在として重宝され、貴重な経験を積んだ。「あと一歩のところで勝たせてくれないのが世界」(HO/FL有田隆平主将)。世界との差を埋め、世界を越えていく作業が、これからはじまる――【慶應塾生新聞会】