《企業座談会企画》第3弾 兼松株式会社 「商社の『内』に迫る」

Aさん:入社後のギャップというものはありましたか?

櫻井さん:入社後のギャップはいい意味でなかったですね。兼松は少数精鋭で若手の意見を言える、聞いてくれる場があり、若手でも企画を通すチャンスがある、そうした環境が整っているなと感じています。

私が入社して三か月の時に、課を超えた本社移転プロジェクトがあり、そのプロジェクトのワークショップに参加したのですが、そこで建築学科の知識を活かした仕事をすることができました。

また、入社時に自分のクリエイティブな素養を活かしたいと申し出たところ、採用パンフレット刷新の主担当をさせてもらえることになりました。

一年目というと研修ばかりのイメージがあると思いますが、入社して早いうちから貴重な経験を積むことができ、自分の意見を発信する場があり、自分にしかできない仕事をできる環境があると思います。

Cさん:そのように裁量が大きいということはやりがいがある一方で大変なことも増えるのではないかと想像しますがその点はどうですか?

櫻井さん:そうですね。裁量が大きくなればそれに比例して仕事量と責任が増すのでそこは大変でした。

私の下した判断が今後の兼松にすごく悪い影響を与えてしまうのではないかと不安はあります。しかし、不安があっても先輩が常に見てくれていて、自分の意見を聞いてくださる環境が励みになりました。

間違った方向に行きそうになっても納得のいくフィードバックをもらえ、良い方向に進めていくことができています。そのような先輩の助けもあり、責任感に押し潰されずに仕事ができています。

Cさん:先輩にもすぐ意見ができるような風通しのよさもあって、楽しみながら仕事ができる環境があるのですね。

Dさん:入社してよかった事、驚いたことはありましたか?

櫻井さん:よかったことはやはり兼松の雰囲気ですかね。

説明会で感じたアットホームな雰囲気そのままで、入社して半年経ちますが常々入社してよかったなと感じています。

先ほど裁量について触れましたが、若手の裁量の大きさは想像以上で、「一年目でここまで任せてくれるのか」と驚いている一方でとてもやりがいも感じています。それは常に自分が成長できる環境にある事に感謝しつつ業務ができているということと、誰かが自分の頑張りを見ていてくれている、そんな環境が整っているからなのかなと思います。

Aさん:商社、特に総合職は女性の少ない環境だと想像するのですがその点苦労などはなかったですか?

櫻井さん:そうですね、まず前提として、弊社の職掌は将来的に会社の基幹業務を担当する「広域」と、主として基幹業務の補佐を担当する「エリア特定」の2つがあります。弊社においても、広域女性が少ないという事は事実ですが、私が理系という事もあって、女性が少ないという環境には慣れていて、広域社員として働くということに抵抗はなかったですね。

私の代ですと、広域の35%が女性、一つ前の代も女性が多く入社しております。仕事を進める上でも、女性である事がデメリットに感じた事はありません。

Aさん:女性の活躍が十分できる環境があるということですね。

櫻井さん:そうですね。実際のところまだまだ女性の活躍・働く環境面で先進的な会社ではないと思います。海外駐在や海外出張が多くあると、育児とのバランスが取りづらいという現実もあります。

しかしながら現在弊社は大きな変革の時にあり、進化しているときだと思います。数年前までは広域女性は10%ほどでしたが、近年は入社する社員の30%ほどが女性というように変わってきています。

また、フルフレックス制度に加えて、ベビーシッター費用補助制度など会社としてのバックアップを最大化し、ライフステージが変化しても第一線で働き続けられるような環境を整備しています。

 

Cさん:先ほどとは反対に大変だなと思うようなことはありましたか?

櫻井さん: 今はまだ1年目という事もあり、日々学ぶ事が多いなと感じております。特に、入社1年目で会社を背負い、採用活動をしていくという事は私が想像した以上に大変でした。

私自身、1年目だからという事を理由に、会社を説明できない、学生の質問に回答できない、という事はしたくないと考えています。学生の皆さんも、学業やバイトの忙しい合間を縫ってイベントに参加してくれている事は私もよく理解しています。そのため、私自身があらゆる場面で主体性を発揮し多角的に会社を語れるようにならないといけません。

リリースされている出来事だけではなく、実際にその案件を担当した営業社員の話を聞き、営業社員から見たやりがいや困難を深く理解していく必要があります。

もちろん、話を聞く事はとても楽しく有意義ですが、営業の方々の想いを私の言葉で学生に伝えていくには責任を感じます。日々、正しく伝えるにはどのように話せばいいか、また皆さんの時間をより良いものにするには何を話したらいいかを考えていますね。

ですが、やりがいを感じるには、努力が必要不可欠ですので大変だからといってネガティブにはなりません。むしろ、会社を学び、それを語り、少しでもそれが皆さんのためになるのであれば、と考えると非常に楽しいです。大変とやりがいは表裏一体ですね!

(次ページ:ワークバランスについて そして学生へのメッセージ)
[PR]