「ケムール人」の特徴的なデザインには理由があった