祝辞を述べる長谷山彰塾長