日吉研究所

《日吉研究所2020 No.5》「学生の味方!日吉で食べられる九州とんこつラーメン がっとん」

美味しくてお腹にたまって手頃に食べられる学生の味方といえば、ラーメンだろう。日吉駅付近には様々なラーメン屋が軒を連ねているが、今回はその一つを紹介しよう。

日吉駅から徒歩2分、気さくな店主が営むラーメン屋「がっとん」は九州豚骨ラーメンを提供している。14時間炊き込むという豚骨スープは、お店こだわりの細い麺に絡み、コクがあるのにしつこくなく、するりと食べることができた。

店長の常磐学さんによるとおすすめメニューは1杯930円で食べられる「マックスラーメン」。人気のメニューは意外にもご飯ものだという。「ちなみに替え玉も無料で、お腹いっぱいたべられますよ」と店長はにこやかに言う。

「がっとん」はスピードを意識して接客していると店長は語る。これなら、慶應生が短い昼休みの合間に食べに来ることもできるだろう。

取材時、店内には一人客が多かった。店長によれば結構な数の客が一人で来店するという。学生もいれば女性もおひとり様で来店するそうだ。1人で外食というのはものによっては気が引けるひともいるだろうが「がっとん」では気にする必要が無い。

店長にお店の目標を聞けば、アルバイトで雇っている子が礼儀や他の様々な面で社会に通じるような人に育っていけばいい、という。

そんな店長に慶應生のイメージも聞いてみた。一言では言い難いようで、「いろいろいる、最初ははっちゃけた子たちばかりだろうなと思っていたがいい子で真面目な子もいれば、やばい奴もいるし、礼儀正しい子もいる」と笑いながら話してくれた。

新入生として慶應日吉キャンパスに入ってきたひとも、進級したひとも、はたまた進級できなかったひとも、ラーメンを食べてエネルギーをもらいに、九州豚骨ラーメン屋「がッとん」に訪れてみてはいかがだろうか。

 

(田上広乃)

※取材は2020年2月に行いました。

関連記事

  1. 《記者が見つめた慶應》東日本大震災 塾生新聞は何を伝えたか
  2. 《日吉研究所 No.4》自由が丘編
  3. 秋の読書週間特集
  4. 《東京いろは》『東京人』編集長に聞く、「東京を描く」とは
  5. 【特集:裁判員制度を考える】裁判官への異論こそが重要(伊藤塾 塾…
  6. 《サブスクリプション特集》自宅で最高の時間を
  7. 《ART COLUMN特別編》夏の博物館・美術館特集
  8. 《「ミステリーの頁」へ、ようこそ》書評家・杉江松恋さんに聞く ミ…







PAGE TOP