平成不況に突入し、就職氷河期が訪れた(1999年5月・333号)。就職難の影響により、大学院などの進学率は増加した。