平安古筆さながらの筆遣いを間近で鑑賞できる(「ものゝふの」柿本人麻呂、万葉集)