主将・西戸のプレーが慶大浮上のカギを握る