【CAMPUS IDOL】理工学部2年 向井久美子さん

向井久美子さん

キャンパスアイドル 圧縮
春風が心地よく頬を抜ける。日吉キャンパスの並木坂をあがって中庭に入ると、すらりとした女性が私を待っている。今月のキャンパスアイドル、理工学部物理情報工学科2年の向井久美子さんだ。

アニメ鑑賞が趣味の彼女は、音楽から作品の世界に入り込むことが多い。中学生のころ『ローゼンメイデン』という作品に出会い、エンディング曲を担当するALI PROJECTを知る。以来、その音楽を起点に他のアニメにも興味を広げてきた。お気に入りの作品『コードギアス』も、同アーティストが曲を手がけたことがきっかけで好きになったという。ALI PROJECTが向井さんにもたらしたのは、音楽の世界だけではない。PVやCDジャケットに登場する「ビスクドール」とよばれる人形に心を打たれた。人形作家の「恋月姫」がつくりだすゴシックでミステリアスな雰囲気の虜になり、展覧会などにも足を運ぶようになった。「見ていると惹きつけられるものがあるというか、神秘的な雰囲気が好きです。心が浄化されるような気がします」

サークルはゲームや音楽の制作などを行う「Keio Computer Society」と、バンドサークル「Lyrical」に所属している。KCSではデジタルイラストなどのグラフィックを担当し、バンドではボーカルを務める。

「アプリ開発やDTM(Desktop Music)に興味があって、プログラミングを勉強しています。音楽をつくるにはボーカルだけでなく楽器もやった方がいいということで、ギターも始めました」と多才さを垣間見せる向井さん。やや専門的な話題になると「一応リケジョなので(笑)」とコメントするものの、そんなレッテルを張ることが無意味に思えるほど彼女のつくる世界観は魅力的だ。

好きな男性のタイプを聞いてみると、「適度に甘えてくれるタイプですかね。かっこつけられるよりは甘えてくれたほうがいいかも。可愛い人が好きです」との返答。「相手に尽くすタイプですか?」と尋ねてみると「そうかもしれません(笑)」とはにかんだ。男性諸君は、カッチリ決めすぎず隙を見せるのがいいのかもしれない。                     
(ユイビイ)